法人のお客様へ

法人のお客様へ

法人のお客様を対象としたサービス一覧です。
リフォーム、メンテナンス、各種工事まで幅広く対応しております。

水漏れ・詰りの緊急サービス

トイレの水漏れ

給水管やウォシュレットからの水漏れが見つかったり、便器に水が少しずつ流れていたり、便器と床の隙間が濡れている場合は、部品の劣化のほか、複数の原因が複合して起きることもあります。はじめのうちはわずかな漏水でも、日ごとに多くなり、貴重な水が無駄になるだけでなく、料金も高額になります。

詳細はこちら

ポンプ故障

汚水ポンプが動かない場合、フロートSWの不具合によるケースが多いのですが、その場合はフロートSWの交換修理で復旧します。マンションやビルで水が出ない現象が現れた場合は、ポンプの不具合の原因を調査して復旧する必要がありますので、専門業者に調査・修理を依頼して下さい。

詳細はこちら

空調機からの水漏れ

夏場の大気中に湿度が高い時期に、室内機の熱交換器の下に付いているドレンパンに、綿ゴミやホコリが留まり、結露水が流れ出なくなることで水漏れを起こすことがあります。また、ドレン水を強制で排出する為のドレンポンプが故障したり、綿ゴミやホコリで目詰まりを起こすと、ドレンパンから溢れた結露水が室内にこぼれ落ちてきます。

詳細はこちら

天井からの水漏れ

屋根・屋上・外壁からの浸水は、上の階の給水管・給湯管・排水管・汚水管の劣化断裂や継手部分の劣化で水漏れを起こしているケースと、上階の浴室・洗面所・台所の排水口に、油、生ゴミ、髪毛、綿ごみ等が詰まることで、下階に水漏れが起こるケースがあります。

詳細はこちら

蛇口の水漏れ

蛇口の水が止まらない場合は、水栓の本体交換やカートリッジの交換で直る場合がほとんど。蛇口のつけ根から水が漏れている場合は、蛇口の本体の取付部のゆるみが原因なので、シール材やパッキンを交換します。シャワーホースからの水漏れは、シャワーヘッドの接続部やシャワーホースの劣化によるケースがほとんどで、パッキンやシャワーホース本体の交換で改善出来ます。

詳細はこちら

トイレの詰り

大便器の汚水の流れが悪かったり、まったく流れない場合は、異物が詰まっている可能性があります。また、小便器から臭いがしたり、小便器の汚水が流れない場合は、尿石が原因となっている可能性があります。また、水量不足が引き金となっているケースが最も多いので、ロータンクの中に瓶やペットボトルを入れて節水することは絶対にやめて下さい。

詳細はこちら

凍結修理

冬場、気温が氷点下4℃以下になった時や、長時間留守にした場合に水道管が凍結しやすくなります。水道管が凍結すると、水道もお風呂もトイレも使えなくて不便な思いをします。また、凍結が原因で水道管が破裂し、水が噴き出していろんな所が水びたしになったり、メーターが破裂すると、多額の費用が発生する場合があります。

詳細はこちら

パイプの詰り

■ パイプの詰まりは、大きくは給水管の詰まり、排水管の詰まり、汚水管の詰まり、エアコンのドレン管の詰まりに分けられます。詰まりの場所とサビやゴミ・異物などの原因に応じて、修理だけでなく再発防止策もご提案いたします。■

詳細はこちら

水漏れ修理

蛇口のレバーやハンドルを閉めてもポタポタ漏れる。蛇口を開いていないのに水道メーターが回っている。 水道を同じように使用しているのに急激に水道料金が上がった。天井や壁から水が垂れたり、壁や床が濡れてくる。 こんな症状・被害はありませんか?

詳細はこちら


マンションのメンテナンス

屋上防水工事

FRP防水とは、ガラス繊維などの補強材に合成樹脂を混ぜたもの(繊維強化プラスチック)で、軽量かつ耐熱性、耐久性、耐食性にすぐれている防水工法。金属や木部、コンクリートなどの表面に施工できることから、現在は屋上、ベランダ、バルコニーなど、いろいろな場所で活躍しています。

詳細はこちら

給水・給湯管改修工事

給水・給湯設備配管は、常に適切な水質と必要な水圧を維持して必要量を供給できることが求められますが、老朽化している建物では、腐食による赤水の発生やサビ瘤によって水圧・水量が低下しています。管内の腐食や劣化が軽度だったり、赤水が軽度の場合は、応急処置として管内の洗浄や防錆処置を施します。

詳細はこちら

洗濯パン設置

洗濯排水トラップ内には糸ぼこりなどの多くの汚れが溜まるため、メンテナンスが出来ないと排水が詰まり、階下への漏水事故などの被害を及ぼします。この問題を事前に解消するのが、「かさ上げスタンド(洗濯機設置台座)」です。

詳細はこちら

浴槽下清掃

どこのご家庭でも浴槽内の洗い場等、見える箇所の掃除はされていますが、浴槽下の清掃をされているお宅は少ないです。浴槽下には、水垢・毛髪・石鹸等の汚れが長年蓄積し、悪臭やカビ発生の原因になっていることが少なくありません。

詳細はこちら

ディスポーザ付排水管洗浄

家庭用ディスポーザー(生ゴミ処理機)は、細かく粉砕された生ゴミが排水管の壁面にこびりついて、排水管を塞ぐ懸念があります。ジェットのトルネード工法は、従来の高圧洗浄だけでは洗い流されなかった細かい生ゴミを、渦巻きのように配管内を流れた高圧水が一気に汚れを洗い流します。

詳細はこちら

排気ダクト清掃

台所が煙たい、外壁の排気口周辺が汚れる、換気扇の吸込みが弱い、空気が臭うなど、台所や浴室・トイレの換気扇から外部の排気口までの「ダクト」で起きる様々トラブル。ダクトの定期清掃で、換気に関するトラブルを未然に防ぎ、換気扇機器の能力を最大限に引き出し、電気代の削減、機器の延命化が可能になります。

詳細はこちら

貯水槽清掃

ビルやマンションなどに設置されている貯水槽に細菌や錆びなどの蓄積により、人体に害を及ぼす事態を避けるため、貯水槽と給水設備(ポンプや給水管等)の点検が義務付けられています。ジェットは、建築物飲料水貯水槽清掃業の登録をし、貯水槽清掃作業監督者のもとで臨床検査を行った作業員が清掃を行います。

詳細はこちら

感動の全排水管高圧洗浄清掃

マンション・アパートなど集合住宅の雑排水管の詰まりや、詰まりによる溢れ等のトラブルが近年非常に増大しています。排水管内の汚れによる排水不良・臭い、詰まりによる漏水事故が起きないよう、全排水高圧洗浄清掃による定期的な清掃がオススメです。

詳細はこちら

給水管洗浄

普段使用している水道のパイプ(給水管)も排水管同様、年月が経ってくると、サビや水アカ等汚れが蓄積していきます。水道から赤っぽい水が出てきたり、水が出なくなることもあります。ジェットは、より安全・安心で、低コスト化を実現するため、オリジナルの給水管・給湯管超音波洗浄システムを開発しました。

詳細はこちら

消防設備点検

消防設備が設置されている建物は、消火器や火災報知機、消火栓などの消防設備を半年に一度、点検する必要があります。ジェットは、消防設備点検資格者、消防設備士の資格所有者がおり、消防設備工事の建設業許可も取得しているので、全ての消防用設備の整備・点検工事が可能です。

詳細はこちら

給排水設備点検

生活給水である貯水槽・給水ポンプや排水槽・汚水槽、排水ポンプなど、生活に直結する給排水設備のトラブルを未然に察知・回避するため、定期的に設備の点検を行います。受水槽・高架水槽に水漏れが無いか、ポンプに異音・停止・震動などの異常は無いか、スイッチの動作は正常かなど、様々な視点から点検します。

詳細はこちら


防水工事

ジェットのオリジナル防水

ジェットでは、水系硬質ウレタンやスプリマーなど、長期保障がついたオリジナル工法を開発しています。防水・防食・塗装工事では、施工場所や目的に応じて、オリジナル工法を含めた様々な工法での施工が選択できます。

詳細はこちら

遮熱防水システム(サーマルード)

遮熱防水システムは、金属屋根の防食やスレート屋根の強度復元など、既存防水へのかぶせや、遮熱効果で事務所・工場等の省エネに貢献します。特に、サーマルードは水系無溶剤なので、引火・中毒・臭気の心配がなく、既存の防水層の撤去の手間や廃棄処理費用が削減出来るメリットがあります。

詳細はこちら

床・陶器の復元材(クリスタルコート)

トイレの尿石や黄ばみによる汚れ、お風呂の風呂釜の汚れや磨きキズでお困りではないでしょうか? クリスタルコートなら、便器や手洗い器、風呂釜、鏡面仕上げの御影石・タイル床などの汚れを完全に削り取った後、薬品や洗剤を完全に洗い流してコーティング処理するので、新品のようなツヤが戻り、キズが付きにくいため長持ちします。

詳細はこちら

屋根瓦防水

東日本大震災の影響で瓦が落ちてしまい、ブルーシートと土のう袋で応急処置している建物が数多く見かけます。しかし、ブルーシートや土のう袋は耐久性が弱く、劣化しやすいため非常に危険で、建物内部が傷むため色々な不具合が発生します。屋根瓦応急処置防水は、瓦や資材などが供給されるまで、低コストで雨や風からあなたの大事な財産を守る防水工法です。

詳細はこちら

超耐候性コーティング材(スプリマー)

「スプリマー」は、耐薬品性、耐候性、耐熱性、安全性、防水・防食・防汚性に優れた、画期的な新開発万能塗料です。曲面でも、折り曲げてもひび割れない、汚れがつきにくくサビにも強い、飲料水容器にも無害で安全など多くのメリットを持ち、長期間(10~20年)塗り替えが不要です。

詳細はこちら

耐食・耐久性床材(ストロード)

「ストロード」はポリウレア、ポリウレタン、セラミック及びセメントを融合した新しいウレアセラミック系床材です。その特性は、抜群の耐久性、耐熱性、耐薬品性、耐衝撃性に優れ、強力な接着強度を誇ります。また、無溶剤のため低臭です。

詳細はこちら

FRP防水

FRP防水は、ガラス繊維などの補強材に合成樹脂を混ぜたFRPを防水分野に応用した工法で、軽量かつ耐熱性、耐久性、耐食性にすぐれるという特徴を持っています。金属や木部、コンクリートなどの表面に施工できることから、現在はいろんな所で活躍している防水工法です。特に、貯水槽等(受水槽、高架水槽)のひび割れやパネルの目地からの水漏れ等にもFRPは最適です。

詳細はこちら


建物設備のメンテナンス

煙突清掃について

煙突内には油膜やスス、埃などの汚れが積み重なっています。そのまま放置しておくと排気不足により不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒や死亡例もあります。また、汚れに引火して火災も発生します。1年に1回の定期清掃で安全・安心な生活を可能にします。

詳細はこちら

エアコンの分解清掃について

エアコンフィルターは毎月1回の清掃が必要です。また、熱交換フィンやドレンパンにも汚れがたまり、悪臭や細菌、カビの発生の原因となります。1年に2回、春と秋の分解清掃を行い、快適な室内環境を維持します。

詳細はこちら

排気ダクト清掃

空気の流速を利用し、大型ダクト内の埃、微小粉塵などのこびりついた汚れを叩き出して清掃します。排気や吸気の風量を安定化させ、作業環境を改善します。

詳細はこちら

熱交換器清掃

超高圧水の衝撃力を利用して汚れを除去するのが超高圧洗浄は、金属にキズを付けずに硬いスケールを除去することが出来るため、熱交換器のチューブ内に蓄積した汚れの除去に最適です。

詳細はこちら

クーリングタワー清掃

建物の空調や冷暖房設備である冷凍機の水を冷却するために、クーリングタワー(冷却塔)が設置されています。冷却塔を常にキレイに保つことで、冷却能力の低下を防ぎ、故障などのトラブルやレジオネラ菌等の発生を未然に防ぐことができます。

詳細はこちら

消防設備点検

消防設備が設置されている建物は、消火器や火災報知機、消火栓などの消防設備を半年に一度、点検する必要があります。ジェットは、消防設備点検資格者、消防設備士の資格所有者がおり、消防設備工事の建設業許可も取得しているので、全ての消防用設備の整備・点検工事が可能です。

詳細はこちら

給排水設備点検

生活給水である貯水槽・給水ポンプや排水槽・汚水槽、排水ポンプなど、生活に直結する給排水設備のトラブルを未然に察知・回避するため、定期的に設備の点検を行います。受水槽・高架水槽に水漏れが無いか、ポンプに異音・停止・震動などの異常は無いか、スイッチの動作は正常かなど、様々な視点から点検します。

詳細はこちら

貯水槽清掃

ビルやマンションなどに設置されている貯水槽に細菌や錆びなどの蓄積により、人体に害を及ぼす事態を避けるため、貯水槽と給水設備(ポンプや給水管等)の点検・清掃が義務付けられています。ジェットは、建築物飲料水貯水槽清掃業の登録をし、貯水槽清掃作業監督者のもとで菌検査に合格した作業員が清掃を行います。

詳細はこちら

空気環境測定

不特定多数の人が利用する延床面積3,000㎡以上の建物や、延べ床面積8,000㎡以上の学校は「特定建築物」とされ、2ヶ月に1回、室内空気の状態を測定することが義務づけられています。具体的には、浮遊粉じん、一酸化炭素、炭酸ガス、温度、湿度、気流の6項目で、記録表は5年間保存されます。

詳細はこちら


漏水調査・漏水被害復旧工事

内装復旧工事

天井からの漏水すると、天井ボードやクロスがふやけてしまったり、変色したり、時にはカビ等が発生することもあり、内容によって数十万から数百万円単位で弁償が必要になることもあります。内装復旧工事(現状回復・保険対応)はジェットにお任せください。

詳細はこちら

漏水個所改修工事

天井からの水漏れ、埋設給水管からの水漏れ、貯水槽水漏れ止水工事など、漏水の原因箇所の修繕にはスピーディなー対応が求められます。ジェットでは、あらゆる部材を車輌に搭載しているため、訪問した時に、ほとんどがその場で応急修理対応できます。さらに、現状復旧だけでなく、より快適な空間づくりをご提案いたします。

詳細はこちら

漏水個所調査

天井や壁から水が垂れたり、壁や床が濡れるなど、水漏れが現象として見える場合だけなく、いつのまにか水道料が高くなっていたため、調べると水漏れが原因だったというケースも少なくありません。ジェットでは、水道施設の綿密な調査により漏水の有無を的確に調査します。

詳細はこちら


ゴキブリ・ネズミ害虫駆除

カメムシ駆除

カメムシ類は、秋になると越冬のために日当たりの良い場所を求めて飛んできます。家屋内にも集団で侵入して、縁の下や屋根裏、畳の下などに翌春まで留まって悪臭を引き起こします。また、食品工場や旅館では食事への異物混入などの問題を引き起こす原因となっています。

詳細はこちら

ハクビシン駆除

「家の中が何となく臭い」「夜になるとガタガタという音がする」などの兆候で気づくことで多いハクビシンの被害。糞・尿同じ場所にまとめて行うので、天井に染みが出来ていることが多く、糞・尿の臭いなどの症状でも判断出来ます。ハクビシンも捕獲したり殺すことが鳥獣保護法で禁止されているため、捕獲する場合には、役所の確認が必要になります。

詳細はこちら

コウモリ駆除

コウモリは哺乳動物であり益獣であるので、捕獲したり殺すことは法律で禁止されています。50~60頭の群れで天井裏などに住みついていることが多いため、コウモリ被害の多くは大量の糞尿による建物の汚染・悪臭。そこで生活する人たちにとって不快なだけでなく、細菌・ウイルスによる病気等の心配があります。

詳細はこちら

アメシロ駆除

アメシロとは、正式には「アメリカシロヒトリ」といい、戦後間もなく、アメリカ軍の物資と共に日本に侵入してきた害虫の一つです。現在は全国的に分布しており、桜、プラタナス、柳、ケヤキ、クワなど多種類の広葉樹類に寄生します。若年幼虫は糸を張って巣を作り群棲し、被害葉は白くかすり状になったり、樹木全体が葉脈まで食べつくされ、丸坊主になることもあります。薬剤散布は環境破壊につながり、施工時間帯や天候に左右されますが、ノンミスト工法は安全・安心な施工で長時間効果が持続します。

詳細はこちら

クモ駆除

節足動物のクモ類は、全て生きている獲物を捕らえる肉食性です。クモによる被害は、窓や天井にクモの巣を張るだけでなく、飛遊昆虫などの死骸が床にまき散らかり、見た目にとても汚らしい状況を作ります。ただ、人にクモ咬症の被害を及ぼす種はごく限られ、日本で問題になる主な種はセアカゴケグモとカバキコマチグモです。セアカゴケグモは毒性が強く、噛まれた場合はショック死する場合もあるので注意が必要です。

詳細はこちら

チョウバエ駆除

ホンチョウバエとオオチョウバエの2種類が代表的なチョウバエと言われるもので、その生息場所は浄化槽、食品工場排水路、ビル地下汚水槽、グリーストラップ槽などの有機物が蓄積している暗く湿った場所で発生します。日本のチョウバエは、吸血や伝染病の媒介などの被害はありませんが、発生場所が不潔なため、食品に混入した場合には微生物汚染も懸念されています。

詳細はこちら

黒アリ駆除

アリ類は陸上のあらゆる場所に生息し、ときには宅内へ侵入してくる厄介者です。アリによる被害は、大量に発生したことによる見た目の不快感だけでなく、最近では、海外から持ち込まれたアルゼンチンアリやイエヒメアリによる刺咬などの被害も発生しています。アリの種類や季節によって嗜好性が異なり、駆除が難しいのが現状ですが、ジェットではアリの種類に合わせて最適な駆除方法で施工します。

詳細はこちら

毛虫・ムカデ駆除

庭の木に多量のケムシやムカデが発生して、不快感を覚えたことはありませんか。春先に発生するケムシですが、ケムシはガやチョウの幼虫で、チャドクガなどのように毒を持っている種類もいるので、注意が必要です。また、ムカデは、頭部に毒を持った巨大な顎を備えており、その毒にはヒスタミンやポリペプチドを含み、噛まれるとハチに刺されたような激痛を伴います。

詳細はこちら

ノミ・ダニ駆除

ノミ類は体長数mmの小さな吸血性昆虫で、成虫はほ乳類や鳥類に寄生・吸血します。ペストや発疹熱などの感染症を媒介します。世界で約1,800種が知られ、国内では約80種が知られています。ノミに刺されると激しい痒みに襲われ、水ぶくれやかさぶたができます。また、ダニは全世界で約2万種いるとも言われており、アレルギーの原因になったり、刺されることでかゆみや感染症をもたらすなど、深刻な被害が発生しています。

詳細はこちら

ハエ・蚊駆除

ハエは、屋内に侵入して食品に産卵したり、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、赤痢菌、腸炎菌などさまざまな病原菌を媒介します。また、蚊は、日本脳炎や、ペットの病気としてフィラリア、海外ではマラリア、デング熱、ウエストナイル熱などを媒介することが知られています。

詳細はこちら

白アリ駆除

シロアリは、木造家屋などに棲みつき、木材を食い荒らす害虫として忌み嫌われます。日本にいるシロアリで家屋に被害をもたらすものはイエシロアリ、ヤマトシロアリ、アメリカカンザイシロアリで、最近多用されている発泡スチロールなどの断熱材にも穴を開けてしまうので、注意が必要です。ジェットは、単なる白アリの駆除だけでなく、発生の根本的原因を究明・改善という高付加価値を追求しています。

詳細はこちら

ネズミ駆除(ラットハンター)

ネズミもゴキブリと同じように食中毒の原因となる病原菌を運ぶ恐ろしい害獣です。それだけでなく、ネズミの糞からはダニや人体に有害な病原菌、悪臭を発生させ、ネズミの体からはダニやノミを撒き散らすなど、人体に悪影響を及ぼします。被害状況の確認と聞き取り調査を基に、最適な駆除方法をご提案いたします。

詳細はこちら

ゴキブリ駆除(バグハンター)

ゴキブリの発生は、食中毒やアレルギーなどの細菌・ウイルスを運んだり、漏電・火事を引き起こす原因となるなど、様々な被害を及ぼします。従来のゴキブリ駆除工法は、いずれも完全駆除が不可能といわれるなか、ジェットでは低コストで高い駆除効果を上げる害虫駆除システム「バグバスター」を開発しました。

詳細はこちら

ハチ駆除

住宅地に巣をつくるハチは、主にアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチです。基本的にはヒトを襲うことないハチですが、いろいろな要因に刺激を受けて襲うこともあります。ハチに刺されると呼吸困難や血圧低下等のアナフィラキシーと呼ばれる全身的アレルギーを起こすことがあるので、ハチに刺されないよう十分な注意が必要です。

詳細はこちら


下水配管・カメラ調査・側溝洗浄

側溝高圧洗浄工事

側溝高圧洗浄工事 側溝は雨水等を集め、河川に排出する...

詳細はこちら

建物診断

建物は、一度"形"にすると劣化が始まります。建物の不具合がどの程度で、どこに現われ、どういう原因によるものかを確認するために行うのが、建物調査診断です。ジェットは、配管等の水漏れ調査だけでなく、内装、防水等などあらゆる部門を手がけてきたノウハウを結集した「まるごと診断」サービスを提供しています。

詳細はこちら

管内カメラ調査

トイレや台所・浴室・洗濯・洗面台の排水が、異物で排水管が詰まってしまったときに、異物がどの位置にどういう状態にしてあるのか等を調査するために、配管の中にカメラを挿入して映像として確認するのが「管内カメラ調査」です。ジェットは、小さな内視鏡のようなカメラから、ラジコンのような大型カメラまで数多く取り揃えていますので、調査はお任せください。

詳細はこちら


除菌・消臭

レジオネラ症の感染対策

レジオネラ症の感染対策

詳細はこちら

院内感染予防

医療機関の病室・手術室・処置室・ベッド・老健施設食堂・ホール・多目的ホールなどの消毒に、画期的な除菌・消臭剤『除菌マン』が登場しました。『安定化二酸化塩素』の力で、強力に除菌・消臭し、新型インフルエンザウィルスも99.9%撃退します。

詳細はこちら

厨房内の消毒

厨房内の消毒に、画期的な除菌・消臭剤『除菌マン』が登場しました。『安定化二酸化塩素』の力で、強力に除菌・消臭し、新型インフルエンザウィルスも99.9%撃退します。

詳細はこちら

お部屋の消臭・消毒

お部屋の悪臭対策に、画期的な除菌・消臭剤『除菌マン』が登場しました。『安定化二酸化塩素』の力で、強力に除菌・消臭し、新型インフルエンザウィルスも99.9%除菌します。安定化二酸化塩素は無臭・無色の液体で問題の箇所へ直接スプレーする速攻タイプの除菌・消臭剤です。

詳細はこちら

トイレの消臭

トイレの悪臭対策に、画期的な除菌・消臭剤『除菌マン』が登場しました。『安定化二酸化塩素』の力で、強力に除菌・消臭し、新型インフルエンザウィルスも99.9%除菌します。

詳細はこちら

ウイルス・感染症対策

大気中には、食中毒やインフルエンザなどの病気の原因となる菌・ウイルスが存在していますが、ジェットの「除菌マン」は、食中毒・院内感染・環境浄化・悪臭対策を簡単にできる商品です。除菌力はアルコールの50万倍、オゾンの1,000倍、塩素の2.6倍のとかなり強力で、臭いの元になる菌を99.9%減少させる安定化二酸化塩素です。

詳細はこちら

床下清掃(消毒・消臭)

大雨や津波等で浸水した床下を清掃します。床下に溜まった泥や砂を撤去して、高圧洗浄できれいに洗浄し、除菌・消臭・消毒を行います。大雨や津波による浸水は、多くの大腸菌やウイルスが含まれており、感染症対策のためにも床下清掃をオススメします。

詳細はこちら


建物設備のリニューアル

設備のリニューアル

建築設備には、給排水衛生設備、空気調和設備、ガス設備などの様々な設備があり、耐用年数は概ね10年といわれています。性能や機能が低下したり、故障による停止、修理整備が発生しない前に、設備点検(メンテナンス)による故障の程度や範囲、その箇所を確認し、交換時期を早めに知ることが重要になってきます。

詳細はこちら

下水道設備工事

台所排水や洗濯排水、トイレの汚水を流しているのが下水道配管と、それに付随するグリーストラップや排水ポンプ槽などの下水道設備は、地震や地盤の変化によって排水の勾配が小さくなったり、継手部分の経年劣化により排水が流れづらくなったり、夾雑物が詰まりやすくなっています。流れが悪い、詰まりやすいといった症状が現れたら、調査をお勧めします。

詳細はこちら

浄化槽更新工事

浄化槽は、トイレからの汚水や洗濯・風呂場・台所等からの排水を沈殿させたり、微生物の働きにより分解するなどにより浄化し、できるだけきれいな水にして放流するための装置です。環境保全の意味からはとても重要な設備で、法律で清掃時期や点検管理回数が決められているので、不具合が発生したら早めに改善してください。

詳細はこちら

給水・給湯管改修工事

給水・給湯管の内部に錆が発生することで、配管の閉塞や赤水・漏水が起こったり、給湯に孔食が発生して漏水が起こる場合があります。管内の腐食や劣化、赤水が軽度の場合は、応急処置として管内の洗浄や防錆処置を施しますが、配管内の腐食が重度になり、常時赤水が出たり、錆の微粒子が出る、水量水圧が低下するという場合には、配管の交換が必要です。

詳細はこちら

貯水槽改修工事

貯水槽の大部分はFRP製ですが、紫外線により樹脂の劣化が進み、水槽内に藻が発生しやすくなります。また、一部にはコンクリート製の地下ピット式の貯水槽もあり、コンクリートの経年劣化や地震、地盤変化によって槽内にひび割れが生じ、そこから地下水や汚水が侵入して飲料水を汚染する可能性があります。健康被害が起きる前に、定期点検をお勧めします。

詳細はこちら

ボイラー・ポンプ・空調機入替更新工事

ボイラーやポンプ、空調機は機械設備機器と呼ばれ、多くは法定耐用年数が15年とされていますが、同じ設備機器でもメンテナンスの優劣によってその耐用寿命に著しい差を生じてきます。設備機器が故障で入れ替えなければならないときは、配管経路や継手類、予備バルブ等を新たに設置することで、今後のメンテナンスがし易くなり、設備機器の耐用寿命を延ばすことが出来ます。

詳細はこちら

配管更生・更新工事

配管の老朽化が進んで、応急処置的な管内洗浄や防錆処理では対応出来なくなってきた時に行うのが、配管更生工事や配管更新工事です。給水・給湯管、排水管のリニューアルを行うのには、既存の配管を十分に調査診断することが必要で、メリット・デメリットを含め、建物に最適な改修方法をご提案します。

詳細はこちら


ウォータージェット工事

剥離工事(熱交換器高圧洗浄)

詳細はこちら

剥離工事(塗膜剥離工事)

詳細はこちら

ハツリ工事(シュー座斫り工事)

詳細はこちら

ハツリ工事(橋梁床板斫り工事)

詳細はこちら


産業廃棄物・運搬・処分

産業廃棄物収集運搬

産業廃棄物収集運搬        汚泥中間処理施設            吸引車...

詳細はこちら

一般廃棄物収集運搬

一般廃棄物収集運搬 一般廃棄物収集運搬業 郡山市許可 第90号(郡山市内のみ可能...

詳細はこちら


レンタルサービス

エアクリーン

除菌マン「airclean(エアクリーン)」は、加湿空気清浄器の一流メーカー「ダイキン工業」の製品に、独自の「特殊活性炭フィルター」を装着することで、より強力な空気清浄能力を実現しました。ノロウイルスや大腸菌O-157、カビ臭、タバコ臭、アンモニア臭、腐敗臭、体臭、ペット臭、複合臭、PM2.5などを99.7%除菌・集塵・分解・消臭する加湿空気清浄器です。

詳細はこちら

極々浄水

極々浄水 水道直結ミネラルウォーター 極々浄水 概要 水道水の安全性について 水...

詳細はこちら




ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら