パイプの詰まり修理|お風呂 流し台 配管 給水管 排水管 汚水管 空調ドレン管 グリストラップ トイレの詰まり修理 清掃 洗浄 メンテナンス|住まいの緊急サービス|株式会社ジェット

水漏れ・詰りの緊急サービス

パイプの詰まり(詰まり修理)

概要

    20.jpg

     配管の詰まりは、大きく分けると給水管の詰まり、排水管の詰まり、汚水管の詰まり、エアコンのドレン管の詰まりがあります。


    1.給水管の詰まり

      給水管は、配管内でのサビの発生によるサビこぶが原因で管の閉塞が

      起き、詰まる場合があります。その際はバブウォッシュ(給水管超音

      波洗浄機)という洗浄システムが最も適しています。

      バブウォッシュ(詳細はクリック

    2.排水管の詰まり

      排水管は徐々に汚れがたまり、排水の流れがだんだん悪くなっていき

      ます。最初は流れるから「大丈夫」と思い、そのままにしている方も

      いるかと思いますが、そうしているうちに、完全に流れなくなり、水が使用できなくなってしまいます。

      

      全館マニュアル(詳細はクリック

      原因としては、

       ・流し台の場合は油脂分の蓄積がほとんどであり、その油脂分とはフライパンや食器などに付着した油に

        洗剤と水が反応し、固型化した物が管内に付着するためです。

       ・浴室の場合は、毛髪や石けんカス等の蓄積によって詰まるケースがほとんどですが、カミソリのカバー

        シャンプーのキャップのような異物が入っている場合もあります。

       ・洗濯機排水の場合は、糸くずと綿ゴミが原因で蓄積するケースがほとんどです。

       ・洗面排水の場合は、毛髪ゴミなどがポップアップ式排水金具に付着し、それを掃除しないで外したまま

        使用し、子供のハブラシや歯磨き粉のキャップを落としてトラップ等で詰まるケースがほとんどです。


    3.汚水管の詰まり

      汚水管は、トイレの便器又は管にトイレットペーパー以外のペーパーが詰まったり、異物(携帯電話、手鏡

      財布、芳香剤のキャップ、おもちゃ等)やペット用の排泄物の砂で詰まっている場合がほとんどです。修理

      方法は、便器をはずさず修理する場合が多いですが、本来は便器を外して、原因を特定するのが望ましいで

      す。便器の取り外しはボルトがサビていて切断するなど手こずる場合もあります。その場合、便器脱着は費

      用が発生しますので注意してください。

     

      それ以外では

       ・便器本体と床のフランジという継手のパッキンの取付ミスにより閉塞ぎみによる場合が多いです。

       ・ロータンクに完全に水が溜まる前に、次の方が利用し、水量不足による詰まりがあります。

       ・建物内の汚水管は簡単には見えませんが、構造上の問題で曲りが多過ぎる、施工上の問題で逆勾配(管

        径が75-100ミリの場合は最小で1/100の勾配が必要)等の問題で詰まる場合もあります。

       ・外部の場合は、木の根による詰まりや、地盤沈下による配管の割れ、接続離れ、あるいは接続ミスによる接続

        離れ、逆勾配による詰まりがあります。 

     

      これらの問題は、汚れが蓄積して詰まる前に管内を定期的に清掃する方法と、パイプを入れ替えて適切な

      勾配をつける必要があります。どういった対策が一番最適かを原因究明し、お客様に合った対策をご提案し

      ます。パイプの清掃も配管工事も出来るジェットだからこそ、適切な判断ができます。是非、ご相談して下

      さい。

     

    4.空調ドレン管の詰まり

      ドレン管は、エアコン等空調機の結露水を排水するパイプが綿ゴミ・ノロ等により詰まる事が多く考えられ

      ます。夜間エアコンを止めた場合、ドレンパンに溜まった水とノロにバクテリアが発生し、それがゲル状に

      なり、ドレン管を詰まらせてしまうのです。

     

     ※その他では、最近、ディスポーザー付の住居が増えつつあり、卵の殻、貝殻のから等の管内蓄積が問題にな

      りつつあります。一般的に住居の排水管は宅内で直径40~50ミリ、宅外で50~100ミリがほとんどです。

      当社にて開発したハリケーン洗浄という新技術で管内をきれいに洗浄することが可能になりました。

      定期的に高圧洗浄による管内クリーニングをほどこし、詰まり防止や臭いの発生や、虫や細菌などの温床と

      なることを避けるためにも、定期的なメンテナンスをお勧め致します。

     

    小便器詰まり修理
    大便器詰まり修理
    大便器脱着による詰まり修理
         
    カメラ調査
    流し排水詰まり高圧洗浄中
    公共下水詰まり高圧洗浄中

     

    管内カメラ調査はこちらへ

     

    こんな症状・被害はありませんか?・こんな被害になることも

    • 水を流すとゴボゴボ音がする。
    • 水の流れが悪い、臭いがする。
    • 浴槽の水を流すと洗い場の排水溝より逆流する。
    • 洗濯パンに水が溜まる(排水口より逆流する)。
    • 流し台が詰まると料理や皿洗いができなくなり困る。
    • 屋外の桝で溢れると臭気がしたり、隣家に排水が流れていくことがある。
    • トイレが詰まるとトイレが使用できない。
    • 溢れた水が下階へ漏水することがある。
    • エアコンからポタポタと水が漏れることがある。
    • 便器から汚水が逆流しあふれてくる。
    • 洗濯の水を排水すると、流れずに洗濯パンに排水が溜まったり、下の階に溢れたりする。
    • 排水が詰まって溢れるため、水が使えない。

    テナントビル様の排水管詰まりに伺いました。
    雑排水管・汚水管の流れが悪いので配管を切断してみると、石鹸状の汚れと、尿石で管内が閉塞している状況でした。
    雑排水管・汚水管は閉塞が進む前に、定期的に洗浄清掃するのが、トラブルを防ぐ一番の対策です。


     

    雑排水管の中は、水と食器の油と洗剤で石鹸ができていました。なかなか取れない硬い状況です。

     

    汚水管は尿に含まれる尿石で詰まる寸前です。
    固まって非常に取りづらくなります。


     

    汚水管に尿石でふん詰まりしていてまったく流れない状況です。

     

    汚水管の中は、頑固な尿石でいっぱいです。
    人間で言えばこれは尿管結石と同じです。


    ジェットならここまでできます!

    ジェットは高圧洗浄や小型から大型まで電動トーラー(ワイヤー)、エアガンといったあらゆる道具があるので、状況や症状に応じてあらゆる対応が可能です。その際、原因に応じて機種を選定する必要があります。高圧洗浄の場合、水圧は毎分10~15MPa、水量は10~150L/min。また、プラント配管などの場合は、水圧50~280MPa、水量は28~165L/minまでの各種の機種を取り揃えて対応致します。
    ジェットはメンテナンスも工事も出来る業者だからこそ、緊急だけでなく、再発防止策を検討し、同じことでお客様が不便されぬように対策をご提案致します。
    ジェットは修理の場合、道具を準備してから再訪問するのではなく、あらゆる道具を車輌に搭載しているのでその場で対応が可能です。
    その他の特徴はこちら。

    商品・サービスのデメリット

    排水管・汚水管の詰まりを、修理対応した結果、原因究明されていないことにより、再び詰まることがあります。例えば、便器内に異物が入っているにも関わらず、エアガン等で修理すると、異物はそのまま残り、その異物に再びペーパーや汚物が引っ掛かり詰まってしまいます。あらゆる機材を利用し、慎重な調査が必要です。
    配管の勾配不良や桝・配管の破損が原因等の場合、応急処置だけで終わりとせず、費用はかかりますが、原因究明の為の徹底調査が必要です。徹底調査を怠り修理をすると、別の所から逆流したり、床下・壁等見えない所に問題が起きたり、逆に被害が拡大してしまう場合があります。事前調査と判断は慎重に行う必要があります。

     

    排水管清掃について

     

     排水管を10年以上清掃していなくても、使えることには不自由はありません。しかし、毎日使っている以上は、劣化している事は間違いありません。どのように劣化しているのか、管内部の汚れは想像以上に進み、管内の閉塞率は計り知れません。それでも排水は流れているのですから、誤解されることと思います。それほど簡単に詰まってしまったら誰でも困ってしまいます。

     

    そのために、管の太さに余裕を持たせるのは当然ではないでしょうか。それを、まだ流れているから大丈夫と言ってしまっては手遅れになるのをただ待っているにすぎません。管内の汚れの蓄積は、詰まってしまったら始末が悪いのです。まず、被害が甚大になる可能性が高く、賠償問題に発展する可能性もあります。そして、頑固な汚れは、必ずしも完全に取れるのかと言えば、その保証はありません。

     

    取りきれないと言っても過言ではないのです。その時は直ったとしても、すぐ再発するかも知れませんし、直らない時は配管を取り替えることにもなります。そうなれば大工事になりますし、使用できなくなり、費用も多額になってしまいます。心の負担も大きく、辛い想いをされるかもしれません。信頼できるプロからのご提案に聞く耳を持つことは、得策ではないでしょうか?

     

    そのために、私達の仕事があり、日々相当な数の物件を解決していることも現実です。予防に勝る治療はないでしょう。


Q&A

Q:市販の薬剤を流していれば安心?

A:

パイプ用薬品はおすすめしません。なぜならパイプ用薬品はすぐに流れてしまいますし、腐った生ごみ、油などと反応して固形化することもあるからです。パイプ内の清掃は、高圧洗浄で行うのがベストです。

Q:築20年で今まで一度も詰まっていないのに何故突然詰まるの?

A:

20年分の汚れがパイプ内に蓄積するということは、相当頑固な汚れが蓄積している場合が多いことから、頑固な固まりは高圧洗浄では取りきれなくなってしまう場合があります。閉塞しつつあるにもかかわらず、少しずつでも流れているうちは...と、我慢して使ってきたため、突然詰まってしまった時に手におえない状態にまで進行していても少しでも流れていれば修理は直せる可能性が高いのですが、完全に詰まってしまうと配管の入れ替え等の処置が必要な場合があります。地盤沈下等で徐々に勾配が悪くなったりすることにより、詰まりやすくなります。

Q:勾配が悪く、詰まりやすいと言われたが、パイプを入れ替えると大工事になり、予算がないのですが良い方法はありますか?

A:

その場合には、定期的な高圧洗浄をお勧めします。
それでも万能ではありませんが、またトラブルを発生する場合は入れ替えをお勧めします。
その際はクレジットの対応もできます。

Q:排水と汚水の違いはなんですか?

A:

排水とは流し、浴室、洗濯、洗面などで流した水のことです。排水管内は油や毛髪、水ノロなどで汚れます。汚水とはトイレなどで流した水のことです。汚水管内は汚物やトイレットペーパーで詰まることがあります。

Q:流すと、ごぼごぼ音がするのは、おかしいですか?

A:

ごぼごぼ音がするのは詰まりの前兆です。汚水管の詰まりはトイレットペーパーでない紙を流してしまったり、ペット用の砂を流してしまったりすることで起こります。排水管の詰まりは料理の油、毛髪・糸くず・綿ゴミなどが原因です。どちらにしても、水が溢れて周りの物を汚してしまう前に、すぐご連絡下さい。

Q:油は、流さないほうが良いですか?

A:

極力流さないほうが良いです。油と食器用洗剤・水が混ざり合って排水管の中で固まってしまうからです。しかし全く油を流さないことは不可能なので、年1回以上は全排水・汚水管を清掃すると詰まりの心配がなくなって安心です。

Q:排水口に、モノを落としたら取れますか?

A:

落としてしまったものにもよりますが、状況を見て最善の方法を考えます。方法は高圧水で流す、ワイヤーを通すなどありますが、必要によっては排水管を切断することもあるかもしれません。排水口にはきちんと蓋をして物を落とさないようにしましょう。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら