アメシロ駆除|株式会社ジェット|福島,郡山,仙台,広島,東京,江戸川区,中野区,新宿区,新橋,埼玉,浦和,大宮,横浜

ゴキブリ・ネズミ害虫駆除

アメシロ駆除

アメシロと言われているのは正式には「アメリカシロヒトリ」と言う学名です。
アメリカシロヒトリは、戦後間もなく、アメリカ軍の物資と共に日本に侵入してきた害虫の一つです。
現在は全国的に分布しており、特に街路樹や庭木などの市街地で時々多量発生しています。


生態

寄生する植物は、桜、プラタナス、柳、ケヤキ、クワなど多種類の広葉樹類に広がり、雑食性です。成虫は約10㎜程の灰白色の蛾で、老熟幼虫は体長30㎜で頭部が黒色の灰黒色で各体節には、長い白毛が多数に生えています。幼虫の発生時期は、6月と8月の年2回で、樹幹の割れ目などに蛹化して越冬し、翌年の5月~6月に羽化し、葉裏に500個ほどの卵塊として産卵します。若年幼虫は糸を張って巣を作り群棲し、被害葉は白くかすり状になったり、樹木全体が全ての葉脈まで食べつくされ、丸坊主になることもあります。


駆除の考え方・進め方

薬剤散布による幼虫の駆除では、若年期は糸で覆った巣の中にいるので、薬剤が浸透しない。老年期は、樹木全体に分散してしまうので、薬剤の散布が行き届かない、等の問題があり駆除効率は低いものでした。また、作業面からは、薬剤が駆除周辺に飛散する、雨などの天候に左右される、駆除機材での騒音、施工時間帯や作業者の安全性に問題があり、作業の省力化が図りずらい状況でした。当社のアメシロ駆除の方法は、これらの諸問題を全て解決した、全くい新しい方法です。


その特徴は...


①住宅地周辺、公園、学校、街路樹などの、薬剤散布が難しい場所でも安心施工。

②薬剤の人畜毒性は普通物なので安心。

③薬剤の効果は、4カ月と長期間効果が持続。

④葉の裏側から作用するので、雨などに左右されずに、安定した効果を発揮。

⑤時刻や天候に関係なく施工可能。

⑥害虫が発生する前から施工できる。

⑦葉を食べる樹木害虫の全てに効果がある。


ジェットのアメシロ駆除の手順

①アメシロの被害状況、毛虫の営巣場所を調査する。

②被害樹木に合せた薬剤量を決める。

③被害樹木に薬剤を注入する。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら