配管内面の樹脂ライニング工事と塩ビライニング管への入替えで配管の修繕を行います。

建物設備のリニューアル

配管更生・更新工事

 概 要

 配管の老朽化が進み、応急処置的な管内洗浄や防錆処理では対応出来なくなってきたときに行うのが、配管更生工事や配管更新工事です。
配管更生工事は、事前の調査、診断を行い鋼管の残存肉厚がある程度確保されている場合に行うことができ、既存の鋼管を取り外すことなく工事ができるため費用、工事日数が抑えられ、安くて早いといった特徴があります。また、マンション等の場合には共用部だけでなく、専有部のお部屋1件からでも施工することが可能です。


05-09-01.jpg   05-09-02.jpg   05-09-03.jpg
給水管更生工事施工前
 
給水管更生工事研磨後
 
給水管更生工事ライニング後

配管更新工事は、既存のサビや腐食で劣化した鋼管を新管に取り換える工事です。現在は、硬質塩化ビニルライニング管や硬質塩化ビニル管、それに対応した硬質塩化ビニルライニングされた管継手も普及され、その耐用年数も数段に飛躍してきています。


05-09-04.jpg   05-09-05.jpg   05-09-06.jpg
給水管施工前
 
給水管バルブ・フレキ取り替
 
給水管保温補修

給水・給湯管、排水管のリニューアルを行うのには、既存の配管を十分に調査診断することが必要です。更新工事、更生工事ともにメリットもデメリットがありますので、いろいろな業者さんと打合せを行い建物に最適な改修方法を見つけ出してください。


 建物内の主な配管は、給水管・給湯管・ガス管・排水管があります。

14.jpg

給水管・給湯管の法定耐用年数は約15年とされており、給水管・給湯管が劣化してくると、水道から赤水が出る、お風呂・洗面台等に青い色が付着する等の症状が表れてきます。赤水を飲み続けると健康への影響も出てきます。給水管・給湯管・排水管の劣化が進行すると管が腐食・破損し水漏れを起こします。

 

戸建の場合、長期間水漏れに気が付かず基礎・柱が腐食し最悪の場合建替えが必要になるかもしれません。

  そこまでではなくても、白ありの発生原因・カビの発生など、様々な問題が出てきます。
  集合住宅の場合は、下のお部屋が水浸しとなります。

  上下階のお部屋で水漏れが原因による訴訟問題にまで発展したケースもあります。

 

  生きていくためには欠かせない"水"。安心・快適な生活を過ごすために、ジェットにお任せください。

 

05-01-02.jpg   05-01-04.jpg   05-01-06.jpg
マンション給水管工事
 
ビル共用部給水管工事
 
ビルメーター廻り配管工事
05-01-08.jpg   05-01-10.jpg   05-01-09.jpg
フランジ配管工事
 
水道メーター交換工事
 
マンション排水管工事
担当:菅野雅彦

 

こんな症状はありませんか?・こんな被害になることも

給水管の劣化―赤水が出る

原因は①鉄管の錆 ②鉄バクテリア ③マンガンと鉄錆の混入によるものです。
鉄管のネジ部が、鋼(鉄)と水との電気化学的作用により酸化(腐食)され、赤褐色のこぶを発生させ、これが水に溶け出し赤水となります。


軽度の赤水―常時使用しない水栓を開くと赤い水が出る。水栓から出る水は着色していないが、洗面台などに落ちた水滴の跡が赤茶になります。

中度の赤水―毎朝最初は赤い水が出る。断水のトラブルの後などには相当赤く濁った水が出ます。

高度の赤水―常時淡い赤い水が出ます。水栓を全開にすると錆の微粒子が出ます。出てくる水が鉄臭い。
水の出が悪くなります。


給湯管の劣化―青水が出る

水の塩素により、銅管の銅イオンが溶け出し管内を腐食させていきます。
通常の使用では分からず、タオルが青くなる、洗面台や浴室のタイル目地が青くなったりします。


排水管の破損により、排水が流れなくなる、音がする、屋外の桝から水が溢れてくる等の
   症状が表れてきます。


腐食による破損

排水管に鋼管が使用してある場合、管内で発生する硫化水素の影響で管が酸化し錆が発生し腐食させていきます。硫化水素が発生する原因は管内の汚れによるものです。


排水管の破損

配管の伸縮による破損

冬期に高温の排水が流れた際、温度変化による熱伸縮を逃すことができず、強度の弱い継手部分が伸縮による力が繰り返し掛かって疲労亀裂が起こってしまう。また、地震などにより同様に破損してしまうことがあります。

建物の沈下・地盤の沈下による破損

建物又は、建物周りの地盤の沈下により建物基礎の配管貫通部に負荷が掛かり配管が破損してしまう。


木の根の侵入による破損

排水桝と配管の隙間、土中の配管と配管の接続部分から木の根っこが侵入し破損してしまう。


こんな被害になることも

  • 床下で水漏れを起こすため長期間気が付かず、基礎・柱等の木材が腐ってしまい、
       最悪の場合は家ごと建替えないといけない場合があります。
  • 床下が常時湿気の多い状態になります。床下の湿気は白アリにとって好条件となります。
       白ありによる被害を受ける可能性が高くなります。
       白アリだけでなく、他の害虫も発生しやすく、アレルギーなどの原因となります。
  • 赤水による健康被害を受けることがあります。鉄分の過剰摂取により体調が悪くなることもあります。
  • 集合住宅の場合、水漏れにより下のお部屋が水浸しになり、訴訟問題にまで発展したケースもあります。
  • 水漏れしてから工事をすると、材料によっては入荷までに時間が掛かり、入荷までの何日間かお水が
       使用出来ない場合があります。
  • 排水が流れず逆流しお部屋の中が水浸し。
       フローリングなどは水を含むと膨らみ反り返ってしまい貼替が必要になることもあります。

ジェットならここまでできます!

工事後のアフターフォロー

ただ工事を行うだけでなく工事後のアフターフォロー、給水管・排水管洗浄などのメンテナンスを最も得意としております。

社員教育

社内研修・勉強会等により、社員の社会人としての基本ルールやマナー(技術・知識・接客)を徹底指導し、お客様から永続的に頼りにされるホスピタリティー精神に基づいた社員を育成しております。また、多くの資格を有しておりますので、建物の事ならトータル的にお任せください 。

あらゆる事態に即対応

急な詰まりや漏水などのトラブル対応や、工事前後のご質問・お問合せなどを、24時間直接社員がお受けしており、サービスマンは全て、自社の社員が対応しており、外注依頼はいたしておりません。どんな細かいご要望にもスピーディーかつスムースにお応えできます。

Q&A

Q:配管の破損などを自分で見付けることはできますか?

A:

以下のような症状がある場合、破損の可能性があります。

・水道料金が急に高くなった。
・雨が降っていないのに地面が水で染みている。
・床材(フローリング・カーペット等)から水が染み出てくる。
・屋外排水桝周辺の地面が下がってきた。

Q:突然水が噴き出してきたら、どうすればいいですか?

A:

各水栓・トイレロータンクであれば、止水栓(ハンドル付きのもの、マイナスドライバーなどで回すものがあります)を閉めれば止まります。
止水栓が無い、分からない場合は、水道メーターの所のハンドルを右へ回らなくなるまで閉めると水が止まります。
それでも分からない、止まらない場合はすぐにご連絡ください。

Q:給水管・給湯管の取替をすれば水漏れはしませんか?

A:

お部屋の中で使用する給水管・給湯管は架橋ポリエチレン管を使用します。
この管は半永久的に劣化しない為、外的要因がなければ水漏れの心配はありません。

Q:配管内の錆は洗浄で除去することはできますか?

A:

できます。

しかし配管の劣化状況によっては、洗浄をすることで逆に配管が破損し水漏れする場合もありますので、その際は配管を入れ替えをお勧めします。
弊社では配管劣化診断を行い、更新なのか洗浄なのかの判断をすることも出来ます。

Q:工事期間はどの位ですか?工事期間中、水は使えますか?

A:

戸建ての場合、集合住宅の場合や、配管の経路によって作業期間は変わってきます。
作業中に水のご使用はできませんが、施工時間は約30分~60分程度です。

作業後にはすぐに使用できるようになります。

Q:工事後に不具合が出た場合はどうすればいいですか?

A:

すぐにご連絡ください。
原因調査を行い改善処置・追加工事を行います。

Q:更生と更新、ライニングと入れ替えどっちがいい?

A:

現場の状況によります。既存の配管を十分に調査し、判断させて頂きます。お客様にあった方法をご提案致しますのでご安心下さい。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら