貯水槽の塗装・ライニング工事:入替工事・補強工事・樹脂塗装で耐久性の向上と寿命の延命を行います。

建物設備のリニューアル

貯水槽改修工事

概要

 貯水槽の大部分はFRP製がほとんどですが、一部にはまだコンクリート製の地下ピットがあります。地下ピット式ですと、コンクリートの経年劣化や地震、地盤変化によって槽内にひび割れが生じ、そこから地下水や汚水が侵入して飲料水への汚染の可能性があり、またFRP製も紫外線により樹脂の劣化が進み、水槽内に藻が発生しやすくなります。

飲料水が汚染されてからでは対応に莫大な費用が掛かるだけでなく、健康上の問題も発生してしまいます。そうなる前に定期点検を実施することをお勧めいたします。

当社では、貯水槽の定期点検や水質検査も行っており、貯水槽の修繕や入替工事も行っております。定期点検で不具合が発見されたならご相談ください。最良の方法をご提案させて頂きます。


         
【改修工事】
    
【副弁交換施工前】
    
【副弁交換施工後】
担当:菅野雅彦


Q&A

Q:タンクのひびは直りますか?

A:

直ります。目地からの漏水、老朽化による漏水、ひび割れにはFRP防水が適します。下地処理から丁寧に施工しますのでご相談下さい。

Q:木製やステンレス製でも補修できますか?

A:

できます。お客様の貯水槽にあった塗料、防水修繕を提案致します。

Q:修理と交換、どちらが得ですか?

A:

貯水槽の大きさ、修繕の規模、貯水槽の場所等により金額が変わるため、何とも言えません。状況を見たうえで判断させて頂きますのでまずはご相談下さい。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら