FRP防水 | 屋上・貯水槽 ( 受水槽・高架水槽 ) ・ベランダ・バルコニー・外壁・床下・浴室・プール・船・車・厨房の防水 ヒビ割れ修理 FRP防水塗装|株式会社ジェット

防水工事

FRP防水

概要

 FRP防水は、ガラス繊維などの補強材に合成樹脂を混ぜたもので、特徴は軽量かつ耐熱性、耐久性、耐食性にすぐれています。金属や木部、コンクリートなどの表面に施工できることから、現在はいろんな所で活躍している防水工法です。

 

 FRP防水は、主に屋上、ベランダ、バルコニー、床下、浴室、プール、船、車、水槽、駐車場、厨房等、あらゆる場所で使用されています。FRP防水材はメーカーによって多少違いもあり、正しい施工によってその効果が発揮されるため、数多くの実績があるジェットへお任せください。

 

 特に、貯水槽等(受水槽、高架水槽)のひび割れやパネルの目地からの水漏れ等にもFRPは最適です。
(食品衛生法・食品、添加物等の規格基準適合)

 今回の大震災が原因で貯水槽が割れてしまったり、老朽化によってボロボロになってしまったり、厚みが薄くなって光を通してしまうような水槽も修復することが可能です。

 

 さらにジェットの防水工事は、FRPのトップコートに、自社の塗装「ハイブリッドポリマー スプリマー」(製品詳細はクリック)を塗布することで、新品のように10年以上の耐久性を与えることができます。

 

屋上FRP防水工事(施工前)

屋上FRP防水及び鉄部

スプリマー塗装工事(施工前)

ベランダFRP防水工事

(施工前)

屋上FRP防水工事(施工後)

屋上FRP防水及び鉄部

スプリマー塗装工事(施工後)

ベランダFRP防水工事

(施工後)


 
屋上FRP防水工事(施工前)
屋上FRP防水工事(施工前)
貯水槽割れ修復工事(施工前)
屋上FRP防水工事(施工後)
屋上FRP防水工事(施工後)
貯水槽割れ修復工事(施工後)

 

こんな症状・被害はありませんか?・こんな被害になることも

屋上、ベランダ、バルコニー等から雨漏りがする。下の階に迷惑をかけることがある。
防水材が剥がれている。
防水材も下地もひび割れている。
貯水槽(受水槽、高架水槽)の老朽化により、厚みが薄くなり、壊れやすくなり水槽内の水が漏れる。
貯水槽の劣化や振動により、日光を水槽内に通してしまい、藻が生え、水道の水が不衛生。
厨房等の床は劣化しやすく、ボロボロになり不衛生。あるいはビル・ホテル等であれば、下階に漏水が発生。

ジェットならここまでできます!

    耐候性、耐薬品性、耐熱性、電気絶縁性、断熱性にすぐれている。
  • 軽量で強度的にもすぐれている。
  • 軟質の樹脂を使用すれば、追従性も高くなり、地震時のひび割れにも強くなります。
  • ガラス繊維を使用する為、丈夫で車両の走行にも対応します。
  • その他の特徴はこちら。

商品・サービスのデメリット

    頑丈で硬質な防水材の為、スプリマー(当社製品)に比べ追従性で劣る。
  • 工事中に強い臭いが発生。
  • 下地に水分が多い場合、施工できない。




担当:小椋克広



Q&A

Q:費用が高そう?

A:

FRP防水工事は、長期的に考えるとコストダウンになります。
それは、トップコートの塗り替えだけで長期間の防水機能を維持することができるからです。
他のウレタン防水やシート防水の場合は、数年ごとに大規模な工事が必要になる場合もあります。
環境や施工した業者にもよりますが、よくても10年ぐらいで再工事が必要となるのが現状です。

Q:現在、ヒビやクラックが入っていますが、FRPで修復できますか?

A:

FRP防水の場合は、部分的に施工することも可能です。
一度下見させて頂ければ、全面改修が必要か、部分改修で済むのか判断できます。

Q:木造でも大丈夫ですか?

A:

FRPは軽くて丈夫という特性もあり、コンパネ下地からでも施工ができますので、木造にもあった方法です。

Q:FRPのように頑丈で高い追従性がほしいのですが。

A:

当社の場合は可能です。トップコートに当社のスプリマー塗装を使用することにより、さらなる耐久性の向上と追従性の向上がかなり期待できます。

Q:タンクのひびを直せますか?

A:

直せます。地震によるひび、老朽化によるひび、目地からの水漏れなどどんな補修も可能です。

Q:保証は、何年ですか?

A:

10年です。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら