ウイルス・感染症対策|株式会社ジェット|除菌,消臭,ウィルス,感染症,インフルエンザ,ノロウィルス,O157,O-157,ウィルス対策,感染症対策,細菌対策,食中毒対策,院内感染対策,環境浄化,悪臭対策

除菌・消臭

ウイルス・感染症対策

概要

air.jpg

O-157やノロウィルス・インフルエンザが大発生し、食べ物や生活環境に不安を感じていませんか。

大気中には、食中毒やインフルエンザといった病気の原因となる菌やウィルスが多少なり存在しています。 それらの殺菌類が体内に入ったり、食べ物に付いて、最適な温度や湿度を得られると多量に増殖をし、食中毒やインフルエンザといった症状で表れてきます。

病気にかかってからでは手遅れです。

当社の「除菌マン」は、食中毒・院内感染・環境浄化・悪臭対策を簡単にできる商品です。「除菌マン」は臭いでごまかす消臭剤とは全く違い、臭いの元になる菌を99.9%減少させます。

 

O-157やノロウィルス・インフルエンザの感染・予防に、加湿器と除菌マンの組み合わせは効果バツグン

「除菌マン」加湿器用を、加湿器の水タンクに入れるだけの簡単操作で、室内の細菌、ウィルス類を除菌し、室内の空気が清浄化され、ノロウィルス・インフルエンザの感染症にかかりずらくなります。除菌マンは塩素系の除菌剤ですが、塩素が遊離していないので、塩素臭もなく、その効果も長く続きます。


        「除菌マン」加湿器用20リッター缶  ¥ 8,000-


除菌力はアルコールの50万倍、オゾンの1,000倍、塩素の2.6倍とかなり強力です。「除菌マン」はあらゆる場所で、安全かつ強力なチカラを発揮します。

 

1. 食中毒対策

   ホテル・レストラン等に。病院・老保健施設等に。公共施設・学校等に。厨房・食品工場に。

2. 院内感染対策

   病室・手術室・処置室・解剖室・ベット等に。救急車・食堂・ホール・多目的ルーム等に。

3. 環境浄化

   オフィスビル・ホテル客室・宴会場・食堂・ホール・航空機・船舶・葬祭場・浴室等に。

4. 悪臭対策

   リネン室・トイレ・ロッカールーム・下駄箱・冷蔵庫・エアコン・ペット尿臭・人体臭・カビ等に。

 

「除菌マン」は、米国インターナショナルディオキサイド社の安定化二酸化塩素(アンチウムディオキサイド)を使用しており、非腐食性で最高水準の安全性があるため、あらゆる環境で使用でき、カラダに悪影響をおよぼす発ガン性物質等を生成しない、極めて安全性の高い物質です。


その作用は、安定化二酸化塩素のもつ強力な酸化作用により、ウィルスの細胞膜を破壊し不活性化させてしまいます。塩素系の塩素による殺菌と違うので、人体にも安全です。その作用は、悪臭分子の分解をおこすため、消臭効果も高く、いやな臭いも残しません。

その効果は、WHO(世界保健機関)、FDA(米国食品医薬局)、EPA(米国環境保険庁)で安全性と有効性が認証されており、世界各国で幅広く活用されています。しかも無味・無臭(極めてわずかな塩素臭)で非腐食性なので、様々な場所で使用できます。

その他に、「除菌マン」はゲルタイプスプレータイプがございます。

担当:小野寺央優

 

こんな症状・被害はありませんか?・こんな被害になることも

  • 食中毒。
  • インフルエンザ、O-157、ノロウィルスの菌を家の中に持ち込む。
  • 発生した後の汚物処理にこまる。

ジェットならここまでできます!

  • 世界で最強と言われる、安定化二酸化塩素水溶液で、除菌、消毒を行います。
       さらに、消臭効果も持っています。
  • 常時、薬剤を揃えており、緊急対応も可能です。
  • 薬剤はゲル状剤と水溶液の2種類で、あらゆる環境状況にも対応できます。

 

商品・サービスのデメリット

  • 広範囲への薬剤散布を行いますので、作業中はなるべく遠くに離れる必要があります。
  • 根本的な原因を解決(発生する環境等)しなければ、再発する可能性があります。




Q&A

Q:薬剤は安全ですか?

A:

水道水の消毒にも使われており、安全です。

Q:自分でも出来る方法はありますか?

A:

うがい、手洗いを励行することです。それでも不安な場合には除菌マンを加湿器に入れて稼働させることで、ウイルスの空気感染を防ぎます。

Q:薬剤に臭いはありますか?

A:

無色・無臭の液体ですので、施工後に臭いが残ることはありません。

Q:その他にはどんな効果がありますか?

A:

除菌、消毒することで、臭いの原因も取り去りますので、消臭効果があります。また、カビなどの発生予防にもなります。

Q:アルコール類の消毒との違いは?

A:

アルコール類は大腸菌類の除菌には効果がありますが、O-157、ノロウィルスといったウィルスの除菌、消毒には効果はありません。

Q:ペット・昆虫類へ影響は?

A:

ありません。低濃度で施工するので、安全です。

Q:食中毒対策できますか?

A:

できます。除菌マンはアルコールの50万倍、塩素の2.6倍、オゾンの1,000倍の除菌力を有します。

Q:薬品は、人体やペットに影響ありますか?

A:

ありません。低濃度で施工するので安心です。

Q:薬剤は、購入可能ですか?

A:

除菌マンスプレータイプ ¥3,000円(1本500mℓ)
除菌マンゲルタイプ ¥3,500円(1個500g)
除菌マン加湿器用 ¥10,000円(300mℓボトル4本セット)
で販売しております。20ℓタンクでの大量注文も承ります。ご相談下さい。

Q:カビの生える家と生えない家の違いはなんですか?

A:

主に湿気と通気性です。カビは25℃~30℃の温度で、湿度80%以上のジメジメした汚いところでよく育ちます。水まわりや、結露の発生する窓まわりに生えることが多いです。24時間換気を行い、冬は暖房をつけすぎないことが必要です。根本的解決のためには、断熱リフォーム工事をおすすめします。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら